バックナンバー

仕事と育児、両立考えて 四国の官民会議が10月高松でシンポ

四国経済連合会と4県の官民でつくる「四国少子化対策会議」は10月16日、高松市のサンポートホール高松で仕事と育児の両立支援に向けたシンポジウムを開く。

発達障害児、適切に支援 東讃2市と医師会、人材養成講座を開講 保育の場で早期対応へ

さぬき、東かがわ両市と大川地区医師会(宮崎雅仁会長)は12日、東かがわ市湊の市交流プラザで、保育所や幼稚園を対象に「大川地区子ども子育て特別支援保育士・幼稚園教諭養成講座」を初めて開いた。

子育て不安解消にアプリ導入を検討 三豊市議会一般質問

三豊市の山下市長は10日再開した9月定例議会本会議の一般質問で、出産や子育てがしやすいまちづくりを進めるため、スマートフォンに対応した子育て支援アプリの導入を検討していると述べた。

休日保育、10月から開始 綾川町 イオン内で民間委託 子育て環境の充実図る

綾川町は10月から、同町萱原のイオンモール綾川内の民間保育施設に業務委託し、日曜祝日の「休日保育」事業を開始する。

成長にあった食事とは 高松で子育て講演会

高松市で子育て世代向けのイベントを企画する団体「ぬくぬくママSUN‘S」(中村香菜子代表)が12日、同市松島町のたかまつミライエで食育講演会「0歳から聞いておきたい!えりか先生のこどもごはん」を開く。

ニッコリ赤ちゃん210人 観音寺 24日から写真展

「地域を赤ちゃんの笑顔で元気に」と題した写真展が24日、観音寺市坂本町の市中央図書館多目的ホールで始まる。

AIで保育所入所選考 来年4月から高松市導入へ 手作業600時間が瞬時に

高松市は、2019年度の保育施設入所選考から人工知能(AI)を導入する方針を決めた。